夜勤専従パートはママさんナースには難しいかな?

夜勤専従パートはママさんナースには難しいかな?

お子さんの年齢によって変わってくるとは思いますが、今は、24時間対応の院内保育園を完備している病院もあるので、日中はお子さんと過ごして、夕方、一緒に出勤、登園して、夜勤をされている方もいるようです。

すぐにかけつけられる場所にいるので、預ける方も預かる保育士さんも安心ですよね。本当は寝起きを一緒にしてあげたい、という思いが大きい方もあると思いますが、私のお友達はシングルで、まだ子どもが小さくて、日勤・夜勤を繰り返すのも大変だし、収入も増やしたいから、と夜勤専従で働いています。

夜、ちょっと寂しい思いをさせてしまうけれど、寝てしまえば、8~9時間はあっという間に過ぎてしまうし、子どもも日中一緒にいられるので、良い感じだと言っていました。

夜勤時の子どもの預け先は看護師に限らず、夜間も対応しなければならない仕事に就いている方にとっては悩ましいところです。

研究所勤務のある方は、研究所は保育設備などなく、でも、研究が深夜まで及ぶこともあるため、日中は民間の保育園に朝7時から18時まで預け、迎えに行って、そのあとは、夜間専門の託児所に子どもを預けて働いていました。

旦那様も研究職で、双方の実家も遠いから親を頼ることも出来ないので、これが今出来るベスト、とのことでした。

保育料がとても高くて、何のために働いているのか、と時々思ってしまうそうです。

でも、仕事から離れることの方がご自身にとってデメリットが大きいので、続けていらっしゃるそうです。

院内保育園だと保育料が安いのもとても助かると思いますよ。

福利厚生は病院によってとても大きな差があるので、看護師求人情報サイトなど参考にしていろいろと調べてみると良いと思います。

親身になって相談にのってくれるコンサルタントの方もいらっしゃるし、いろいろなケースをご存知なので、とても参考になると思いますよ。

2015年10月16日|